女の人

教室展開の基本とは

教師と学生

学習塾を開業した当初の目標は、生徒数を100名以上にすることですが、その次は教室を増やすことが大きなテーマです。教室数を増やすとスケールメリットが活かせるので、学習塾の経営効率を高めて、収益を増やすことにもつながるでしょう。蓄積してきた学習塾経営のノウハウを、新たに教室展開する時にも活かせるので、事業規模の拡大もスムーズです。新規にオープンする場合には、これまでの教室の近隣エリアで賃貸事務所を探すのが理想的であり、不動産会社の物件情報が役立つでしょう。更に教室数を増やすことで、中堅社員を教室長に抜擢することも可能であり、社員の士気が高まるメリットも大きいです。一方で経営規模の拡大では1000万円程度の資金が必要であり、銀行との交渉を通じて低利の融資を受けるのがポイントです。企業向けの低利の融資に意欲的な銀行も多く、学習塾の経営者にとっては、ビジネスを拡大する絶好の機会です。また新たに開校した教室の生徒数を、短期間で増やしたいときに役立つのは、春期講習や通常授業の無料体験コースです。無料体験コースを通じて指導内容の質の高さを、生徒と保護者に実感してもらうことで、生徒数も着実に増やせるでしょう。しかし学習塾の経営を安定させるためには、ハイグレードな学習指導が行える、質の高い人材を確保することも重要です。新卒社員の募集と採用後の研修にも積極的に取り組むことが、教育ビジネスを成功させるための必須条件です。