男性

法人設立の手続き

オフィス

基本的な事項から決める

東京で会社設立をすることで社会的信用が高まりますし、節税効果を期待する事ができます。東京で会社設立するときには、仕組みを理解しておく事で、経験のない人でもスムーズに会社を起業することが可能です。会社を東京で設立するときには、まず会社の基本的な事項を決定する必要があります。会社設立をするときに決める事項は、会社の名前である商号と会社住所の本店、事業内容の目的と資本金、決算日の5つの事項が特に重要になります。会社の名前である商号は、他に類似している会社があると登録できないため、事前に調べておくことが大切です。東京では資本金が1円以上あれば、会社設立をする事ができますが、社会的な信用を得たい場合には資本金は多い方が好ましいです。会社設立するための基本的な事項が決まったら、次は必要な書類を準備し、定款などの書類を作成していきます。東京で会社設立をするときに必要になる書類は、発起人の印鑑証明書と決定書、会社の実印と定款、印鑑届出書と印鑑カード交付申請書などです。書類の準備と作成が終わったら、公証人による定款認証手続きを行うことになり、公証役場に行って公証人から認証を受けます。定款の認証を受けるときには事前に公証役場の担当者と、認証日や必要書類の調整を行うことが一般的です。定款認証手続きが終わったら、会社の所在地を管轄している法務局へ、登記を申請する手続きをします。東京で会社設立をした後にも、税金や社会保険など色々と必要になる届出を行います。

教師と学生

教室展開の基本とは

教室数を増やして新たな生徒を確保することが、学習塾の経営を安定させて、高い収益率を実現するコツです。新規開校に最適な賃貸事務所を探す一方で、人材募集と無料体験授業にも積極的に取り組むことが、事業規模拡大を成功させる秘訣です。

ビル

ビジネスチャンスが満載

香港で事業を起こす人が増えているのは、簡単に会社設立ができる仕組みがあることと、ビジネス関係の税金が低いなどの利点があるためです。会社設立にシェルフカンパニーを利用してもよいですし、個人で現地に赴くか、業者に頼んで手続きしてもらうこともできます。その後、投資ビザを修得してIDカードを申請します。

弁当

高齢者向け宅配で独立

高齢者向けの配食サービスを行なっている企業にまごころ弁当があります。安全性を重視した食事作りが好評で、店舗数も業界内でトップを維持しています。まごころ弁当ではフランチャイズを募集しており、土地の取得から店舗の施工、研修まで幅広くサポートしてくれます。